Skip to content

ドックスポーツで有名なフリスビードッグに関心を持ってみよう

想像すれば容易に思いつくことができるでしょう。フリスビーディスクを人間が投げて、それを飼い犬が受け取るスポーツになります。ドックスポーツとしてポピュラーな位置づけになり、どんな犬であっても挑戦できるスポーツです。またしつけにも効果があり、飼い主とわんちゃんの主従関係をはっきりさせることにも貢献します。

どんなスポーツ?

フリスビーディスクを用いたスポーツであり、人間が投げてそれを犬がキャッチをします。広い庭や公園、ビーチなどでも遊ぶことができ、犬の散歩のついでに遊ぶことができるスポーツです。また主人のいうことを聞かないと成立しないスポーツになることから、主従関係をはっきりさせることができ、それこそしつけに繋がると言われています。

意外と浅い歴史

1974年まで遡ります。それは大リーグでの出来事でした。無許可で侵入した飼い主と愛犬がグラウンドに入り、8分間のパフォーマンスを行いました。それをフリスビー協会の会長が見ており、そこから発展したと言われています。日本で始まったのは1994年ごろです。翌年、広島で開催されたプロ野球のオールスターゲームでパフォーマンスが披露され、そこから広まったとされています。

こんなに競技の種類がある

たくさんの種類がありますが、良く行われる競技として2つ挙げられます。ひとつはディスタンス。決められた時間内で行われるスポーツになります。長い距離をキャッチ出来たり、ジャンプしてキャッチすると高いポイントが付き、高得点になります。またフリーフライトも有名な競技です。5枚のフリスビーディスクを90秒間音楽に合わせて披露します。競技というより演技に近く、美しさを競うスポーツです。技に難易度が設けられており、それができる犬と飼い主に高いポイントが付けられるようになっています。

練習方法を学ぼう

フリスビーディスクを投げれば取ってくるように感じるスポーツですが、意外と慣れさせるのに苦戦することが多いです。まずリリースとキャッチを覚えさせる必要があります。どんな犬であっても最初はフリスビーディスクを怖いと感じることが多く、それを解消させる必要がありますので、タオルやボールなどを代用して最初は行うと良いでしょう。公園などでも取り組むことができますが、周囲の人たちに気を配って楽しむようにしましょう。

互いに楽しく遊ぶスポーツ

犬と飼い主の関係を良いものにするためのスポーツになります。比較的どんな犬でも楽しむことができますので、挑戦することをおすすめします。

関連記事です☆